安産!たった一度の骨盤メンテナンスで。骨盤の関節の適合、圧力とゆがみの関係。

動き骨格調整からり

 『 安産でした!』と嬉しいご報告

 つい先月11月2日に 初来店された
  Oさんは、
 当サロンで たった一度の 
  施術を受けられて、
  なんと 
 その日に 陣痛が来て、
 ご出産されたそうです。

 3時間の安産!!

  だったそうです。

 沖縄赤〇字病院の
  助産師さんからも
 『 スムーズだったね。安産だったね。』
 と 褒められたそうです。

 そして、本日 11月30日。
 生まれたばかりの可愛い赤ちゃんとともに
  ご来店されました〇
  まだ 1ヵ月弱です。ホヤホヤかわゆい。。

15181214_1046523312140938_3331132373255618894_n
安産のための骨盤機能

  そんな Oさんですが、
  じつは、その妊婦さんの時にらご来店された際には、

  骨盤・股関節のコンディショニングは
   悪かったです!!

   腰痛と骨盤痛がひどく、
   股関節の可動にかなり制限がありました。
     

15219609_1046588188801117_2035285683831961807_n

 このように 足を乗せてもらうと、
  * 膝が倒れない
  * 骨盤が後傾する
  * 手で支えが必要(床プッシュアップ)

 15284004_1046594272133842_7608911543911286414_n
  このように 股関節が
   外転・外旋し 難い

  という状態は、良くないです。
 
  経膣分娩時の 骨産道 リズム
   不良になってしまいます。
12109248_776401805819758_7323558399618240976_n

  ⇑ ちなみに 真純さんは、ここまでの可動域があります。

  また、
  左右差がある場合は、
   さらに良くない 状況です。

  分娩安産の骨盤リズム

 赤ちゃんが産道を通過する際

  その出口を広げる
   最後の 関門である  
  仙骨が起き上がる 動きを
   ニューテーション(うなずき)と表されます。

  これが うまくいかないと、
  最後の最後の娩出で 
      赤ちゃんが通過しにくくなてしまいます。

    寛骨(腸骨)は、 
  股関節の動きに 追随してくるものなので、
   股関節の動き ( 特に回旋)に
     著しい 左右差があると、 
   
   仙腸関節面の適合 が 不良になります。
  仙腸関節からり

  原因となりうる 一番の悪さは、
    横座り です。


  こちらの女性も、
   じつは 昨日 
    初めて来店された 
    妊婦さん(32週目・逆子)の Cさんですが、

  彼女は、 前回のご出産の 時に

  『 尾骨脱臼をしていた かもしれない 』 
   おっしゃいました。
  
  出産後の 数か月間 
    尾骨に 劇痛が残り、
  普通には 座れなかったそうです。

  Cさんもまた。
   股関節の 内外旋に かなりの制限がありました。

15317824_1046692182124051_7177565545920603814_n
  実際に どの程度の
  股関節の可動域の左右差があることで
 
  骨盤にかかる 圧力分布が
   どれほど 変位しているのか
  見て頂きました。

 『 え~~~。』『これって、やばいですね、、』

 と ショッキングだった様子。。

座り方の習慣を修正を レクチャーするだけでなく、

  他にも、昨日は、

  産後の方々がいらっしゃったので、
  
 普段 クセで やっているという
   横座りの姿勢を 見せていただきました。

15230702_1046523265474276_8158270398659693642_n 

15317803_1046523268807609_3898210447540088555_n

 こちらも かなりショッキングだったようすです。

『 こんなに 左側にだけ に 圧力がかかっていたら、
  そりゃ、、歪みますね。。』  と。

  ちなみに  左への分布偏移が 大きいと

    左側の腸骨がAS傾向に なる 印象です。

 今後も 分析をしていきたいと想っています。

 

からりフェイスブック
(一度だけ)いいね !